海外旅行に行くので1ヶ月間 英会話を勉強する

3月末からヨーロッパ行くので、せめて英語がちょっとでもしゃべれるように本を買って勉強しました。
そこでおすすめの本と、そうでもない本をご紹介します。
海外旅行用の英会話勉強のおすすめなので、テストで良い点取りたいとか英語の文章読みたいといったおすすめとは違うかも

ちなみに筆者の英語スキルは、英検も持ってないくらいの中学生英語止まりです。

ぜひおすすめ

キクタン英会話【海外旅行編】

今回一番役に立った本。
中学生英語くらいのレベルで書かれていてわかりやすいし、1ヶ月位で覚えるのにちょうどいい量です。
付属のCDは、例文、会話、穴埋めの順番で各、英語、日本語、英語と話してくれます。
通勤時などにずっと流してるだけでも結構覚えます。


CD-ROM付 キクタン英会話【海外旅行編】

キクタン英会話【基礎編】

キクタンシリーズの基礎編
上のは海外旅行に特化してましたが、こっちは基礎の英会話
CDも同じようについています。
SureとかReally?などから始まるので、復習にもいいと思います。
上の海外旅行編とこの基礎編で簡単な英会話はだいたい網羅できます。


CD-ROM付 キクタン英会話【基礎編】 (アルク・キクタンシリーズ)

まあまあおすすめ

旅の英会話伝わるフレーズ集

旅行のフレーズがたくさん載った辞書的な本
持ち歩くのにはいいかも(自分は持ち歩いたけど結局一回も使わなかった)
旅先でのマナーなどもちょっとだけ載っています。
CDはついていません


旅の英会話伝わるフレーズ集

例文で覚える中学英単語・熟語1800

単語熟語1800って書いてありますが、単語帳というよりは例文を用いて単語熟語を覚えようという本
CD付きで、小さい英語文章の区切り、日本語、全体の英語の文章のリスニングという流れ
復習にも使える感じ


例文で覚える中学英単語・熟語1800

お金が余ってるなら買ってもいいかもレベル

持ち歩き旅行英会話

一番上のキクタン英会話海外旅行編と似た内容だが、キクタンのが見やすくてわかりやすい。
CD付きで、これだけ覚えればいいよというこれだけフレーズの章は日本語の後に英語が話されるのに、それ以外の章は英語だけしか話してくれない。


CD付 持ち歩き旅行英会話-旅のお役立ちフレーズ満載 (池田書店の持ち歩き会話シリーズ)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

会話でなく作文用なので文章が硬い
CDは英語の後に日本語訳
テストとかにはいいのかもしれないけど、旅行用の英会話としてはあまり使えない。


どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

改訂版キクタンBasic4000

単語本
単語を覚えるのにはいいかもしれない
CDは英語、日本語、英語の順番で読んでくれる
ただBGMが若干うざい


改訂版キクタンBasic4000 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

出ない順 試験に出ない英単語

例文が「部長は37歳でメラゾーマを覚える」とか絶対使わないであろう文なのだが、変な単語を除けば英文がわかりやすく結構参考になる。
変な単語もこう言うんだっていう発見も
CDは日本語、英語訳の順


出ない順 試験に出ない英単語

特に買う必要もなかった本

英会話 壁打ちトレーニング

一つの設問に対して複数のバリエーションを返そうという本なのだが、同じことをずっと繰り返してる感じですごい退屈
複数のバリエーションがある代わりに、設問数が少ないのであんまり勉強してる感がない。
表紙はLINEでもイメージしてるのだろうか


CD-ROM付 英会話 壁打ちトレーニング[基礎編]

中学レベルの英単語でネイティブとサクサク話せる本[会話力編]

現在形とか進行形とか定型文をただ並べてる感じ
CDは英語のみで日本語訳はなし
こんなのでネイティブとさくさく話せるわけがない


中学レベルの英単語でネイティブとサクサク話せる本[会話力編]

DUO 3.0

自分には難しすぎる
例文が離婚だとか、内乱がとか、ネガティブなのが多い気がする。
CDは日本語文章、英語訳、英語の熟語単語という流れ
テキストとCDが別売りなのもなんかやだ


DUO 3.0


DUO 3.0 / CD基礎用

スポンサーリンク
ads



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads