モルディブ ダイブクルーズに行ってきた 後編

2日目はダイビングしながらジンベイザメを探して、見つけたらジンベイスノーケルを楽しもうという日

スポンサーリンク
ads



2日目1本目 KUDARHA THILA

2日目の1本目は人気スポットとのことで、いつもより早い5:45分起床 6:15ブリーフィングです

なんかダイビング合宿みたいですね。

 
モルディブ固有種もたくさん見れました。

この1本目はガイドのAimanが船の逆側からエントリーしてロストし、再度引き上げてもらって再エントリーするというハプニングがあって、潜るまで一苦労し、

さらに妻が安全停止中にエア切れして、オクトを貸すというトラブル満載でした。

2日目2本目 RANGALI MADIVARV

2本目はマンタポイントに来ました。

エントリーしていきなりのカメ遭遇

マンタはうっすらとしか見れなかったけど、それでも満足なダイビングでした。

2本め上がって、ご飯食べてみんなでジンベイ探すけど結局みつからず、、

ここのところジンベイがなかなか現れてくれないらしく、残念ながらジンベイシュノーケルは開催されませんでした。

2日目3本目 KALHAHANDI HURAA KANDU

3本目のポイントは流れがミディアムプラスとのこと

モルディブクルーズのダイビングは全部ドリフトダイビングなので、流れに乗って泳いで最後フロートを上げてボートに拾ってもらいます。

かなり強い流れのポイントもあるので、フロートは全員持参していきます。

この3本目はかなり流れが強くてスピードがすごい乗りました。


流れが強すぎてみんなガイドに掴まってる図


他のグループの中国人の女の子もうちのガイドのAimanにしがみつく始末

自分たちのグループはみんな経験本数少なめだったのか、わちゃわちゃしてました。

でも流れに乗ってるのは楽だし、とても楽しいです。

2日目のディナーは、無人島に上陸してバーベキューでした。

無人島と行っても、オーナーがダイビング客向けに開放してるので、事前に予約しておくとテーブルなどを用意してくれるらしいです。

無人島までは小さなボートで渡ります。

ジンベイ発見

ロウソクだけが唯一の灯り

星もすごいきれいでした。

運動した後だからなおさら美味しいですね。

 

3日目1本目 RADHIGGA THILA

3日目はいつもどおり6時起床 6時半ブリーフィングです。

1本目は自分のタッパーが見つからず、妻のタッパー借りて潜ることに


前のチャックが締められずパツパツでエントリー


こんな雑誌みたいな写真も撮れました


他グループガイドのAbeed

その後自分のタッパーは他の日本人カップルの方が間違えて持ってちゃってたみたいで、お詫びにどら焼きをもらっちゃいました。(どらやきおいしかったです)

3日目2本目 MOOFUSHI MANTA POINT

2本めはマンタのクリーニングステーションです。

2本目潜る前にマンタスペシャリティの講習があって、これを受けるとここでしかGETできないマンタスペシャリティカードを申請することができます。もちろん自分たちも受講しました。

講習といっても2種類のマンタの見分け方を教えてもらう簡単なものなので、誰でも取ることができます。

2本目はエントリー後マンタポイントまで移動し、みんなでじっと待つ作戦です。


魚群もわんさか

でた、マンタ!ナンヨウマンタです

初めて見ましたが大きいですね。圧倒されます。

その後、移動してたら自分の周りにちょうどマンタが寄ってきたのでマンタと2ショット

マンタバッチリ見れて大満足の2本目でした。

ただ、浮上してドーニーを待ってるのが長くて、酔ってしまいこのあとグロッキーに。

ドリフトの場合フロート上げて船を待ってる間が長いとつらいですね。

3日目3本目 FISH HEAD

薬飲んで、昼寝してなんとか回復した3本目

モルディブではわりと有名なポイント FISH HEADに向かいました。

流れはミディアムプラス

結構な流れっぽいです。

流されちゃうので、エントリーしたらさっさと潜行、ガイドについてくのに必死です。

あれ、ドリフトってこういうことだっけ?って言うくらいアゲインストで突き進みます。

KAILやノーマルMewだとほんときついです、蹴っても蹴っても進まないので、最終的には岩を掴みながら匍匐前進です。

これでミディアムプラスか、、と思いました。

やっとのことでコーナーに着きました。
カレントフックかけたり、しがみついてたり。

  

このあと、とことん流れに逆らって泳ぎ、途中でオーストラリア人カップルをロストし、はちゃめちゃな3本目でした。(妻も途中でもう無理って思った模様)

帰ってから速攻でワープフィンを購入したのは言うまでもありません。

ドーニーに戻るとロストしたオーストラリア人カップルがすでにいて一安心。

自分は疲れと頭痛と吐き気でやっぱりグロッキーになりました。

こんな感じで最後のダイビングはとてもインパクトの有る1本でした。

船に上がって、ディナーまで屋上でボケーッと。

夕日が綺麗です。


並走するドーニー

初日にはたくさんあったバナナももうこれだけ

最終日のディナーはいつものビュッフェスタイルとは違いコースでした。

でかいロブスター

とても美味しかったです。

今回周ったルートはこんな感じです。


北マーレから始まり、南マーレ、アリ環礁をメインに周ってますね。

あっという間の3日間のダイビングでした。

マーレ観光編につづく

スポンサーリンク
ads



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads