サンガラキ島唯一のダイビングリゾート サンガラキリゾート

サンガラキ島に唯一ある宿泊施設のサンガラキリゾート

ここに1週間滞在しました。

サンガラキリゾートは長いこと閉鎖されていて、2016年にリニューアルオープンしました。

今回、自分たちが行った時はゴールデンウィーク後半ということもあって、初日と2日目は他に日本人ゲストが5名ほどいましたが、それ以降は自分たちのみの2人だけでした。

完全にプライベートリゾートです。

ただし、一般的なリゾートと期待して行くと残念な気持ちになるので、あくまで離島のコテージを思い浮かべて行ったほうがいいと思います。

エントランス兼、食堂

到着するとウェルカムドリンクを振る舞われ、施設の案内と、部屋にセキュリティBOXがないので貴重品を大きい封筒に入れ、スタッフに預けます。

ウォーターサーバーと紅茶、コーヒーは24時間利用可能

Wifiは完備されていなく、ネットワークもTelkomselの3G電波が島の一部で1本立つ程度

ちなみにこの食堂と下の客室は圏外でした

客室のコテージ

コテージは全部で8棟くらいあります。

なので、ゲストは最大でも16人ほどしか泊まれません。

部屋はベッドと簡易的なシャワーとトイレのみ

クーラーは付いてますが、冷蔵庫はありません。

ペットボトルの水が2つ最初にもらえて、空になったら食堂のウォーターサーバーで補充できます。

人数が多いとシャワーが出にくかったり、たまに停電したり、トイレの水が空になったりとトラブルはたまにありますが、その辺はインドネシアの離島ならではってことでご愛嬌

もちろん南国でコテージなので、部屋にはヤモリとか、虫は出ます。

でもそれも数日で気にならなくなってきますね。

蚊にさされることはほぼありませんでした。

食堂の隣にはダイブセンターが併設されています

このダイブセンターの中は倉庫状態でがらんどう

カメラブースもあるとのことでしたが、このダイブセンターの建物内に入ることはありませんでした。

建物の目の前は海で、潮が満ちてればボートまですぐ

 

サンガラキ島は小さいので、1周2kmほど。のんびり歩いても1時間もかかりません。

島にはスタッフの他には、ウミガメを守るレンジャーが何人か住んでいます。

スポンサーリンク
ads



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads