3泊4日 台湾 台北の旅 Part2

泊まったシーザーパーク台北ホテルの周りにも魅力的なお店がたくさんありました。

フルーツティーで有名な一芳
朝10時開店です。

甘酢っぱくてさっぱりとしてます。

ホテルの裏にあった黒糖タピオカミルクのお店、老虎堂黑糖專売(TIGER SUGAR)

ミルクティーではなくミルクですが、めっちゃ美味しかった。

今まで飲んだタピオカ系の飲み物でダントツかもしれない。

小さいタピオカと、大きいタピオカが選べますが、閉店間際で自分が行ったときには小さいのだけでした。

隣に写ってる焼き小籠包は、このお店のすぐ近くにあった、老蔡水煎包というお店で買ったもの

美味しくて2回リピート

地元の人が並ぶ、飯糰覇というお店

言葉も文字もわからないけど、とりあえず一番上の招牌なんとかってのを頼んでみました。

高菜とかおかかとかいろんな具が入った、握りこぶし2個分くらいのおにぎりです。

朝食べたら夕方までお腹が空かないくらいの重さでした。

ここからは電車で言ったお店

中山駅から10分くらい歩いたところにある小籠包のお店、京鼎樓 JINDINROU

日本にも数店舗あるみたいですね。

味は、、、うーん、可もなく不可もなく。チャーハンが美味しかったです。

もうちょっとローカルなお店に入ればよかった。

 

かき氷屋の 路地 氷の怪物

インスタ映えするのか、客層の多くが女の子でした。

入り口でかき氷のベース味とトッピングを選んで注文するシステム

ふわふわで美味しかったです。

ルーローファンの有名なお店、丸林魯肉飯

ツアーに含まれてるお店なのか、お店の近くには観光バスがたくさん止まっていて、店内も地元のお客さんで並んでいますが、魯肉飯だけならサクッとテーブルに座って注文すればすぐ出てきます。

上がルーローファンで、下が鶏肉の鶏肉飯(チーロウファン)

ガイドブックの見栄えとはかなり違いますが、味はおいしいです。

杏仁豆腐専門店、于記杏仁豆腐

杏仁スープみたいのをかけて食べるんですが、スープには味がなくかけないほうが美味しい

 

どのコンビニでも必ず見かける怪しい卵

トングで袋に入れてレジへ。

醤油ベースのゆで卵でした。

スポンサーリンク
ads



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads