ヤーノシュ山のリフトと子供鉄道

ヤーノシュ山はブダペストで一番高い山らしいです。
市街地からもバスで30分ほどで行けて、リフトや子供鉄道もあるので、都会の喧騒からちょっと離れたいと言う観光客にピッタリです。

リフトに乗るにはブダペスト西駅(Nyugati pályaudvar)から291番のバスに乗って終点まで行きます。

IMG_2599

ですがあいにくこの日(この季節?)はリフトがやっていなくて渋々来たバスで折り返して、登山鉄道に乗りに行くことにしました。

IMG_2600

途中でトラムに乗り換え、ヴァロスマヨール駅まで行きます。

登山鉄道に乗って20分位で子供鉄道がある終点の駅です。
てか子供鉄道くらいしかないです。

IMG_2605

スポンサーリンク
ads



子供鉄道

子供鉄道と言っても、運転してるのは大人で、車掌さんが子どもたちです。車内でおみやげを販売したり、切符を切ったりします。
子供鉄道は1時間に1本くらいしか走っていません。
途中駅にはアスレチックがあったり、展望台があったりしますが、自分たちの乗った電車は最終だったため諦めました。

IMG_2621

IMG_2612 IMG_2608

折り返し地点では先頭車両だけが切り離されて入れ替わる

子供鉄道の終点の駅にはトラムも走っているので、そのまま市街地まで戻れます。

IMG_2620

スポンサーリンク
ads



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads